ネガフィルム、プリズムシール、コルク栓、カーペットの見本、壁紙の切れ端、映画フィルムの缶、ゴムの吸引カップ、プラスチックのパイプ、色とりどりのボタン、いろんなサイズのコイル、長短取り混ぜたリボン。



この店に並ぶ約300種類のアイテムは、用済みになったり作りすぎたもの、必要な部分を切ったり型抜きした残りで、どれもこれも本来はゴミの埋め立て地に直行するものばかり。いわゆる産業廃棄物なのです。



それがアーバンソースに並ぶと、アートやクラフトの素材に生まれ変わるからおもしろい。カーテンのサンプル生地は端をかがればランチョンマットに早変わり。フリース素材の端切れは袋物を作るのに使えるかも。様々な色、形、厚み、大きさの紙はグリーティングカードを作るのに役立ちそう。

ドラムに入れられた雑多なものは、単品売りだけでなく、大・中・小の紙袋でまとめ買いすることが可能。小さい袋($6.25)でもランチバッグくらいはあるので、きっちり整理しながら詰め込めばかなりの量が入ります。料金的にもこの方が断然お得。



夏休みになると子供がたくさん訪れ、紙袋を手にして好きな素材をあれこれ選んでいます。光る素材は一番人気で、6歳くらいの女の子に「何を作るの?」と聞いてみたら、「お隣に赤ちゃんが生まれたから、お母さんとモビールを作ってあげるの」と可愛い答えが返ってきました。



好きな形に切り抜けるマグネットシートは、絵を描いたり写真を貼って冷蔵庫の飾りに。厚紙の筒や三角錐は、いろいろ組み合わせてお城やハムスターの迷路に。金文字を抜き出したあとの金銀の箔は、糊を塗ったカードに押しつけてそっとはがすと、キラキラ模様のクリスマスカードに。とにかく必要なのは、無限の想像力と遊び心だけ。

スクラップ以外に、封筒や便箋、手漉きの包装紙、リボン、クラフト用の糊、ペンなどもそろっています。素敵なギフトバッグがあったので何気なく手に取ると、底に有名化粧品メーカーの名前が! 1袋なんと50セントだったので、プレゼント用に買いだめしました。



幼稚園や小学校の先生も工作の材料を求めて訪れます。手作りカード、パーティーの飾りつけ、お芝居やハロウィーンのコスチューム、アクセサリー作りなど、自分で工夫してものを作るのが好きな人には、この店は宝箱に見えるはず。扱うアイテムは仕入れによって入れ替わるので、気に入った素材があれば、まとめ買いをおすすめします。



ハロウィーンやクリスマス、イースターの前には、季節に合わせた素材が並びます。一般のお店でカードやギフトバッグ、包装紙を買う前に、ちょっとこの店に立ち寄ってみてください。経済的で、限りある資源も節約できて、どこにも売っていない個性的なギフトが作れます。カード作りや水彩画などのワークショップも定期的に開かれているので気軽に参加してみてくださいね。

アーバンソースは、メインストリートと東15番アベニューの角付近にあります。市バスでも行けますが、日本語ガイドのツアーなら安心楽々です♪
 
大人かわいい雑貨がいっぱい!
メインストリート・グルメツアー