カナダ専門旅行会社【エーアールエー・プロフェッショナル・トラベル・アンド・サポート】
現地発着ツアー

一生に一度は観ておきたい! イエローナイフ★冬オーロラ

aaa

極北の夜空に踊るオーロラは、地球の磁極を取り巻くドーナツ状の領域「オーロラオーバル」に発生します。ノースウエスト準州の州都イエローナイフは、オーロラが出現するオーロラベルトの真下! 真夏の白夜や曇天でないかぎり、オーロラ観賞率が大変高く、行くからには絶対観たいという方にオススメです。

ベックスケンネルは、1989年の創業以来、世界中のお客様をお迎えしています。心温まるアットホームな対応が人気で、リピーターが多いのも特徴です。観賞ツアー中は、暖かいキャビンでオーロラの出現を待ちながら、紅茶やホットチョコレート、スープ、バノック(先住民のパン)をお召し上がりいただけます。

毎晩のオーロラ観賞だけでなく、オプショナルツアーの種類が豊富で魅力的! オーナーのグラント・ベック(左)は、カナダだけでなくスペイン・ピレネー山脈やスイス・アルプスなど世界各地で行われる犬ぞりレースの有名人。愛情をこめて訓練した凛々しくもかわいいハスキー犬たちと、犬ぞり体験などもお楽しみいただけます。2015年1月にはカナダ連邦政府ジャスティン・トルドー首相(右)も犬ぞりを楽しまれました。



 

料金 3泊4日パッケージ

ディスカバリーイン指定
 2名1室利用のお一人様 CA$595
 1名1室利用のお一人様 CA$789

デイズイン・スタンダードルーム指定
 2名1室利用のお一人様 CA$670
 1名1室利用のお一人様 CA$940

クオリティーイン・スタンダードルーム指定
(旧イエローナイフイン)
 2名1室利用のお一人様 CA$670
 1名1室利用のお一人様 CA$940

エクスプローラーホテル指定
 2名1室利用のお一人様 CA$746
 1名1室利用のお一人様 CA$1,091

コーストフレーザータワー 1ベッドルーム指定
(1ベッド+ソファベッド+朝食付)
 2名1室利用のお一人様 CA$702
 1名1室利用のお一人様 CA$1,003

コーストフレーザータワー 2ベッドルーム指定
(2〜3ベッド+ソファベッド+朝食付)
 3名1室利用のお一人様 CA$653

2泊3日、3〜6名1室利用や4泊以上のお一人様料金もお見積もりが可能です。お気軽にお問い合わせください。
催行期間 2017年11月10日 〜2018年5月2日 
 

ツアー内容

出発場所イエローナイフ空港
出発時間航空便到着時間
☆21:00までに到着する航空便をお選びください。
終了時間航空便出発時間
終了場所イエローナイフ空港
日数3泊4日
含まれるものイエローナイフ空港〜ホテル間往復送迎
ホテル宿泊
毎晩のオーロラ観賞
空港・ホテルでのチェックインアシスト
観賞中の温かいお飲み物とおやつ
滞在中の防寒具レンタル
日本語ガイド
滞在中の緊急時日本語サポート
含まれないもの税金(5%)
イエローナイフまでの航空券
食事
チップ
オプショナルツアー
最少催行人数1名様
主催会社Beck's Kennels

1日目

時間スケジュール
午前〜
夕方
<例> 3泊4日パッケージ

イエローナイフ空港到着
ガイドとともにホテルへ移動
ホテル到着後、ご滞在についての説明と防寒具お渡し



オーロラ観賞まで自由行動

オーロラ観賞

22:00頃 ホテル出発
22:30頃 観賞施設到着

オーロラ観賞(約3〜4時間)





02:30頃 観賞施設出発
03:00頃 ホテル到着

2日目

時間スケジュール
午前〜
夕方
オーロラ観賞まで自由行動

★おすすめオプショナルツアー★

伝統的な犬ぞり体験 $70 + 税5%
快適なそりに乗ってグレースレイク周辺の雪道を駆け抜けます。犬たちとのふれあいや写真撮影もお楽しみください。



犬ぞり操縦体験 $80 + 税5%
自分でドッグチームを走らせて、スピードや迫力を体感しましょう! 雪道を走りながら素晴らしい自然の眺めもお楽しみください。道順はドッグチームとガイドが把握しているので安心楽々♪



犬ぞりレース $105 + 税5%
ご友人と犬ぞりレースで競うことができます。番号入りのゼッケンを着用したら、ゴールを目指してコースを疾走します。



ノーザンアウトドア・アドベンチャーツアー $125 + 税5%
自分でドッグチームを走らせて、人里離れた湖畔にある猟師用のテントやキャビンを目指します。パチパチと音を立てる薪ストーブのそばで、暖かいお飲み物もお楽しみください。最も人気のあるツアーです!

オーロラ観賞

22:00頃 ホテル出発
22:30頃 観賞施設到着

オーロラ観賞(約3〜4時間)





02:30頃 観賞施設出発
03:00頃 ホテル到着

3日目

時間スケジュール
午前〜
夕方
オーロラ観賞まで自由行動

★おすすめオプショナルツアー★

イエローナイフ市内観光 $75 + 税5%
旧市街やグレートスレーブ湖を一望できる展望台パイロットモニュメントなど、イエローナイフの見どころをめぐります。スタッフお勧めのショッピングエリアやレストランもご紹介いたします。



スノーシューで自然鑑賞 $90 + 税5%
先住民のキャンプに参加し、スノーシューを履いて素晴らしい景色の中、ウォーキングに出かけます。ベテランガイドが動物の足跡を示しながら、北の大地での狩猟・捕獲について説明します。



ガイド付スノーモービル ツアー $100 + 税5%
カナダはスノーモービルの発祥地。かっこいいマシンに乗って白銀の世界を駆け抜けましょう。ご希望があれば運転も体験できます。



先住民のアイスフィッシングの実演および昼食 $100 + 税5%
スノーモービル、または車で、グレートスレーブ湖まで移動し、ガイドが先住民のアイスフィッシング(氷穴釣り)用ネットで魚釣りを披露します。その後ロッジで魚料理のランチをご賞味ください。シーフードが苦手な方にはチキンをご用意します。



バッファロー・ウォッチング $140 + 税5%
車で先住民族のコミュニティーに向かい、その地域に生息する野牛バッファロー(アメリカバイソン)の群れを観察しましょう!

オーロラ観賞

22:00頃 ホテル出発
22:30頃 観賞施設到着

オーロラ観賞(約3〜4時間)





02:30頃 観賞施設出発
03:00頃 ホテル到着

4日目

時間スケジュール
午前〜
午後
防寒具を返却し、ホテルをチェックアウト
ガイドとホテル出発
イエローナイフ空港到着


イエローナイフのホテル紹介



ディスカバリーイン Discovery Inn
中心街の格安ホテル。エレベーターはありませんが、頼めば荷物を部屋まで運んでくれます。喫煙ルームがあるため、禁煙の客室を希望する場合はリクエストが必要。1階に西洋&中華レストラン併設。Wi-Fi有料。



デイズイン・イエローナイフ Days Inn Yellowknife
広めの客室がうれしい中級ホテル。中心部の便利な場所に位置。2階に安くて美味しい朝食が食べられるレストランがあります。全館禁煙、Wi-Fi無料。



クオリティーイン・イエローナイフ Yellowknife Inn
(旧イエローナイフイン)
イエローナイフの中心に位置するホテルで、ホテル直営のレストランとラウンジバーのあるショッピングモールに直結。外観にバルコニーが見えますが、ドアは締め切りで外には出られません。全館禁煙、Wi-Fi無料。



エクスプローラーホテル The Explorer Hotel
イエローナイフの玄関口に位置する高級ホテル。英国王室や海外からの賓客がお泊まりになることも。心安らぐ落ち着きあるインテリア。地元料理が楽しめるレストラン「トレーダズグリル」やラウンジバーが館内にあります。全館禁煙、Wi-Fi無料。



コーストフレーザータワー Coast Fraser Tower
全室1〜2ベッドルームのコンドミニアムホテル。フルキッチンで、しかもコンチネンタル朝食付き。ダウンタウン中心部から徒歩10〜15分ですが、タクシーを呼んでもらえばすぐに来ます。家族やグループでの利用に最適。Wi-Fi無料。

備考

・1日目は、21:00までにイエローナイフに到着する航空便をご利用ください。航空便の遅延により、イエローナイフ到着が午前零時を過ぎた場合は、初日のオーロラ観賞にはご参加いただけませんのでご了承ください。

・天候不良などでオーロラが見えない場合でも返金はいたしかねます。

・オーロラ観賞の時間帯や観光スポットを回る順序は、状況により異なる場合があります。また、当日の天候や道路の状況でご案内できない場所がある場合も返金はいたしかねます。

・11月と3月下旬~5月は、雪や氷の状態により、犬ぞりやスノーモービルなどのアクティビティができないこともあります。事前申し込みで不催行となった場合は、ツアー終了後にご返金いたしま す。

・11〜4月は極寒でのオーロラ観賞となります。安全を確保するため、6歳未満のご参加はご遠慮いただいております。お子様連れのお客様は8〜10月の夏オーロラをお勧めいたします。

・11〜5月の冬オーロラでは、防寒具レンタルが料金に含まれております。零下30℃まで耐えられるフリース裏地付き防寒ジャケットと防寒ズボン、スノーブーツ、ミトンが含まれています。

・イエローナイフの週間天気予報と気温はカナダ気象庁でご確認いただけます。

・混乗ツアーのため、他のツアーのお客様とご一緒になることもあります。

・オーロラ観賞の方法には、オーロラが出現するまで一か所にとどまる待機型と、出現しやすい場所に移動しながら観るハンティング型があります。当日の気象条件やご参加者の人数などにより、現地ガイドが最適な方法を選んでご案内いたします。

・食べるものにアレルギーのある方は、お申込み時にお知らせください。

・イエローナイフまでの航空便手配も可能です。ご希望の場合はお申込み時にお申し付けください。

お申し込みは、ツアーご希望日の3日前まで受け付けます。

携行品Q. 冬はどんな服装で行けばいいですか?

A. 11〜5月は極寒を想像しがちですが、最も大切な防寒対策は汗をかかないことです。ホッカイロなどをつけすぎて汗をかいたまま零下20℃の戸外に出ると、体温が急激に奪われてしまいます。ホテルやレストランなどの室温は暖く設定されていますので、防寒具の下は、長袖Tシャツと薄手のフリース程度にし、室内ではすぐに防寒具を脱いで汗をかかないように注意しましょう。

Q. 冬に持っていくと便利なものは?

A. 11〜5月は寒さ対策が大切です。
 5本指の薄手の手袋 ⇒ ミトンの下につけると快適で便利
 スキー用ゴーグル ⇒ 犬ぞり、スノーモービルなどに便利
 薄手のソックス ⇒ ブーツで汗をかくので、1~2足多めに用意
 ホテルで使う室内用スリッパ
 替えメガネ ⇒ メガネの場合は結露しがち
 使い捨てカイロ ⇒ 足裏用など貼れるタイプ4~5個
 ジップロックなどの密閉袋 ⇒ 外気と屋内の温度差が激しい場合、デジタルカメラの内側が結露しますが、極寒の外から建物に入る前にカメラを密閉袋に入れると防げます。

Q. コンパクトデジタルカメラでもオーロラは撮れますか?

A. 8秒以上の長時間露光とISO800~1600の高感度撮影が設定できるデジタルカメラなら撮影可能です。観賞地では有料の三脚がございます。レンタルをご希望の場合は担当ガイドにお申し出ください。8〜10月でも深夜の気温は0℃前後になります。寒冷地ではバッテリーが非常に早く減るので、予備バッテリーを必ずご用意ください。観賞地の小屋には電気がないので、充電はできません。

Q. 極寒でメガネやコンタクトレンズは装着したままでも大丈夫?

A. コンタクトレンズは装着したままで問題ございません。メガネは、肌に当たる部分が金属製のもの以外は大丈夫です。
取消規定

ツアー催行日の16日前まで無料、15〜8日前は50%、7日前〜当日は100%


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © ARA Professional Travel & Support Inc. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
ARA Professional Travel & Support Inc.
Responsive Menu Clicked Image