カナダ専門旅行会社【エーアールエー・プロフェッショナル・トラベル・アンド・サポート】
現地発着ツアー

2023年 真っ白なアザラシの赤ちゃんに会いに行こう! マドレーヌ諸島3〜6泊

aaa

<<<<< ARAだけの特典 >>>>>

◎ 11月30日までの早期お申し込みは、おひとり様150ドル引き(終了しました)
◎ 2月25日〜3月4日は、ARAスタッフがマドレーヌ諸島に駐在
◎ 日本からのご参加者には、カナダ到着時から使える3GBのSIMカードをプレゼント
◎ かわいいアザラシ石けんを1個もれなくプレゼント
 




マドレーヌ諸島空港発着英語

ケベック州のセントローレンス湾に浮かぶマドレーヌ諸島は夏の避暑地ですが、真冬の2月下旬〜3月初旬は、タテゴトアザラシが子育てをする島です。



タテゴトアザラシ = ハープシール Harp Seal

オスの成獣の背中に竪琴(ハープ)の模様があるのでタテゴトアザラシと呼ばれます。2月下旬~3月上旬の繁殖期には、約25万頭が流氷に乗って北極海からセントローレンス湾にやってきます。生まれたばかりのアザラシは、羊水の色で淡い黄色に染まっているので、イエローコートと呼ばれます。



生まれて1週間経つと、日光や雪にさらされて産毛が純白になるホワイトコートになります。脂肪分がたっぷり含まれる母乳を飲んで、赤ちゃんは1日に2kgも成長し、まるまるとした姿になります。



生まれて3週間後には親と同じグレーの毛並みになり、離乳して北極海に戻って行きます。タテゴトアザラシの子育てを間近で観察できるのは1年間でわずか2週間だけ! 世界中の野生動物ファンがこの小さな島を訪れます。



ちなみに漫画「少年アシベ」に登場するゴマちゃんは、オホーツク海やベーリング海に生息するゴマフアザラシ Spotted Seal の赤ちゃん。マドレーヌ諸島で見られるタテゴトアザラシとは別種ですが、産毛は同じく真っ白です。



ARAスタッフが撮影したマドレーヌ諸島の写真はこちらをクリックしてご覧ください。

個別旅行相談会を随時開催中!
ご希望の日時をメールでご予約ください。ZOOMや電話で疑問にお答えします。

料金
P-CMSEAL
パッケージお一人様料金(カナダドル)

Aプラン初参加の方におすすめ

3泊
2名1室 CA$3,915
1名1室 CA$4,165

4泊
2名1室 CA$4,480
1名1室 CA$4,810

5泊
2名1室 CA$5,040
1名1室 CA$5,450

6泊
2名1室 CA$5,605
1名1室 CA$6,110

Bプラン当ツアーのリピーター向け

3泊
2名1室 CA$2,580
1名1室 CA$2,846

4泊
2名1室 CA$2,700
1名1室 CA$3,055

5泊
2名1室 CA$2,820
1名1室 CA$3,264

6泊
2名1室 CA$2.940
1名1室 CA$3,470

※上記料金は2023年3月まで有効
催行期間
2023年2月24日〜3月5日限定出発
<重要>2023年2月初旬に流氷の状況を確認し、今シーズンのツアー催行可否を決定
 

ツアー内容

出発場所
マドレーヌ諸島空港(空港コード:YGR)
Îles-de-la-Madeleine
出発時間
マドレーヌ諸島空港到着時
終了時間
マドレーヌ諸島空港ご出発の約1時間前
終了場所
マドレーヌ諸島空港(空港コード:YGR)
Îles-de-la-Madeleine
日数
3〜6泊
含まれるもの
Aプラン 初参加の方におすすめ
◎ ホテル:シャトー・マデリノ3〜6泊(部屋指定なし)
滞在中の朝食・昼食・夕食
◎ タテゴトアザラシ観察ヘリツアー1回
◎ ヘリツアー中の防寒着
◎ インターネット接続
◎ マドレーヌ諸島空港〜ホテル間往復送迎
英語ガイドによる日替わり島内観光&アクティビティ

Bプラン 当ツアーのリピーター向け
◎ ホテル:シャトー・マデリノ3〜6泊(部屋指定なし)
滞在中の朝食
◎ タテゴトアザラシ観察ヘリツアー1回
◎ ヘリツアー中の防寒着レンタル
◎ インターネット接続
◎マドレーヌ諸島空港~ホテル間往復送迎
含まれないもの
◎ 出発地〜マドレーヌ諸島空港(YGR)の往復航空券
◎ ヘリツアー時以外の防寒着
◎ 2回目以降のヘリツアー
◎ 税金GST5%
最少催行人数
1名様
主催会社
Chateau Madelinot

1日目

スケジュール
午後

例:3泊4日パッケージ

カナダ国内線で、マドレーヌ諸島空港到着

パスカン航空またはPAL航空でマドレーヌ諸島にアクセスします。カナダ国内線航空券の手配も別途承ります。



現地係員の送迎でホテルへ移動

シャトー・マデリノ到着



ホテルでツアー日程や現地情報について説明
滞在中のご注意に関して免責同意書に署名

Aプランの方は、島内観光や日替わりアクティビティにお申し込みください。
毎晩ロビーの掲示板に、翌日のアクティビティが発表されます。

Aプラン ガイド付き島内半日観光

 ◎ 東部:アザラシセンター、グランデシュウリ海岸、グランデ・アントレ村など
 ◎ 西部:アーヴル・オベール村、ラ・グラーブ史跡、海洋博物館など
 ◎ 中央部:アーヴル・オ・メゾン村のチーズ工房や灯台、ファティマ村など

Aプラン 日替わりアクティビティの一例

 ◎ スノーシューイング:初級約3時間
 ◎ ハイキング:北米最大の鹿の一種ワピチやアカギツネに出会うチャンス
 ◎ サファリフォト:自然をテーマにした写真撮影ツアー
 ◎ サンライズフォト:日の出の写真撮影ツアー
 ◎ サンセットフォト:日没の写真撮影ツアー
 ◎ アイス・フィッシング:地元の漁師の案内で氷上の釣りに挑戦

夜便でご到着の場合は、ツアー日程や現地情報についての説明、島内観光や日替わりアクティビティのお申し込みが翌朝になることもあります。

◎ 島内観光やアクティビティの内容は、天候や交通状況、訪問先の都合等で変更になる場合があります。

夕方

Aプラン ホテルのビストロでディナータイム




マドレーヌ諸島プレート


ビーフショートリブ



Aプラン イブニング・アクティビティの一例

 ◎ ガイド付き星空観賞ツアー
 ◎ 地元ミュージシャンの生演奏
 ◎ ネイチャー講習会
 

2日目

スケジュール
午前

ホテルのビストロで美味しい朝食




アザラシ観賞ヘリツアー(約3時間)

5〜6人乗りのヘリコプターに15〜30分乗り、タテゴトアザラシの群れがいる流氷に着陸します。経験豊富なガイドの先導で、約2時間アザラシの親子のすぐそばに寄って観察したり写真を撮ったりできます。マドレーヌ諸島はタテゴトアザラシの出産が間近で観察できる世界で唯一の貴重な場所です。















近年の気候変動の影響で、流氷が十分に結氷せず、ヘリコプターが氷原に降りられないこともあります。その場合でもヘリツアーは催行され、上空からアザラシの群れをご覧いただいたり、セントローレンス湾の素晴らしい風景を撮影していただけます。

◎ ヘリコプターご搭乗前に、必ず免責同意書(日本語)にご署名いただきます。

◎ ヘリツアーは期間中の毎日、午前2回、午後1回催行されますが、強風や濃霧で不催行となった場合は、翌日以降に繰り越されます。

午後

Aプラン ホテルのビストロでランチタイム


島名産のサバのフィッシュ&チップス

Aプラン 午後の観光やアクティビティでお過ごしください。


ピエ・ド・ヴァン・チーズ工房


キャップ・デュ・ファー(灯台岬)

Aプラン 
シャトー・マデリノから約1km離れた町キャップ・オ・ムールにはショッピングセンターがあり、スーパーマーケットやレストラン、カフェ、リカーストア、雑貨店、衣料品店などがあります。無料送迎サービスは、1日1〜2回運行されます。


プラス・デジール・ショッピングセンター



Aプラン 夜のアクティビティでお過ごしください。


サンセット・フォトツアー

Aプラン ホテルのビストロでディナータイム


ロブスターサラダ

3日目

スケジュール
午前

Aプラン 朝のアクティビティをお楽しみください。


サンライズ・フォトツアー

ホテルのビストロで美味しい朝食



午後

Aプラン ホテルのビストロでランチタイム


ロブスター入りシーフード・チャウダー

Aプラン 午後の観光やアクティビティでお過ごしください。


サンディーフック砂丘と流氷ツアー


エルク・ファーム


スノーシューハイキング



Aプラン ホテルのビストロでディナータイム


鴨のコンフィ

Aプラン 食後は、イブニング・アクティビティでお過ごしください。



4日目

スケジュール
午前

ホテルのビストロで美味しい朝食

現地ガイドの送迎で空港へ移動

マドレーヌ諸島空港到着後、自由解散



カナダ国内線で出発

備考

・お申込み特典について
SIMカードの使用には、SIMフリーの携帯電話をお持ちであることが条件になります。
トクモバのSIMカードを日本出発前に日本のご自宅へお送りします。

・マドレーヌ諸島は、フランス語で Îles de la Madeleine(イル・ド・ラ・マドレーヌ)、英語で the Magdalen Islands(ザ・マグダレン・アイランズ)と言語により表記や発音が異なります。空港コードはYGRです。航空便を個人手配される場合は、行き先を間違えないよう十分にご注意ください。
 


マドレーヌ諸島へは、モントリオール(YUL)またはケベックシティ(YQB)発着のパスカン航空が便利です。国カナダ内線の航空券、モントリオールやケベックシティでのホテル予約も承りますので、お申し込み時にお問い合わせください。

シャトー・マデリノ

館内設備:
レストラン、ギフトショップ、ランドリールーム、温水プール

全室共通の備品:
バスタオル、ハンドタオル、シャンプー、石けん、ヘアドライヤー、コーヒーメーカー、ミニ冷蔵庫、テレビ、Wi-Fi

歯ブラシや歯磨き粉、スリッパ(室内ばき)、バスローブ、パジャマは各自でご持参ください。コンセントの形状は日本と同型で、電圧は110Vですので、精密機器でない限り、日本の電化製品がそのままお使いいただけます。

木造のため、敷地内も含めて全館禁煙です。

お部屋例 お部屋のご指定はお受けしていません。







Aプラン 初参加の方におすすめ

食事
日仏英語の豊富なメニューから、前菜、メイン、デザートを1品ずつお選びいただけます。アルコール飲料は別料金ですので、各自でご精算ください。お支払いをお部屋付けにして、チェックアウトの際にまとめてご精算いただくことも可能です。食物アレルギーにもできる限り対応させていただきます。

送迎
マドレーヌ諸島ご到着時に空港まで現地ドライバーガイドがお迎えにあがります。ホテルにチェックインした後は、館内のご案内、ご滞在中の過ごし方などについて詳しくご案内させていただきます。最終日はホテルから空港まで現地ガイドがお送りし、航空会社のチェックインもお手伝いします。

観光
ヘリツアーの前後に、離島の暮らしや文化、歴史などが感じられる各種のツアーをご用意しています。海から上がってくる朝日や海に沈む夕日を眺めに行く撮影ツアー、灯台岬の絶景や由緒ある教会をめぐるツアー、チーズ工房やニシン工場などを訪れるグルメツアーなどにご参加いただけます。島に一か所しかない小さなショッピングセンターのスーパーマーケットにも送迎いたします。

Bプラン 当ツアーのリピーター向け

食事
昼食や夕食は各自でご用意ください。また、館内レストランを利用される場合は、各自でご精算ください。支払いを部屋付けにして、チェックアウト時にまとめて精算することも可能です。電子レンジは共用エリアに1台あります。湯沸かしは客室のコーヒーメーカーをご利用ください。トラベル用ポットや簡単な食器があると便利です。一般の飲食店はホテルから徒歩20分のダウンタウンにありますが、冬季や荒天時は休業しますので、必ず電話で営業時間をご確認ください。島にフードデリバリーサービスはありません。

送迎
マドレーヌ諸島ご到着時に空港まで現地ドライバーガイドがお迎えにあがります。ホテルにチェックインした後は、館内のご案内、ご滞在中の過ごし方などについて詳しくご案内させていただきます。最終日はホテルから空港まで現地ガイドがお送りし、航空会社のチェックインもお手伝いします。

観光
マドレーヌ諸島は離島です。本来の旅行シーズンは夏季で、島内の観光ツアー会社は冬季は休業します。島に公共交通機関はなく、島内移動にはタクシー予約が必要です。レンタカーは各自で事前にご予約ください。路面は完全凍結しますので、厳冬期の運転に慣れていない方にはおすすめしません。2〜3月のマドレーヌ諸島は風が強く、体感温度が−20℃になりますので、外出される際はしっかりした防寒具を着用してください。

赤ちゃんアザラシ観賞ヘリツアー

▶︎ ヘリツアー中は、防寒も兼ねて水に浮くムスタング・サバイバルスーツを着用していただきます。万が一水に落ちても溺れませんが、氷の上では決して単独行動せず、常にガイドが見える範囲でお過ごしください。

▶︎ アザラジの幼獣は、臭いで親を認識するため近くまで寄ってきますが、噛まれることもあるので、顔の前に手は出さないでください。 また、赤ちゃんを勝手に移動させてしまうと親が授乳できなくなるので、絶対に持ち上げないでください。 授乳期の2週間は絶食するため、母アザラシは興奮しやすく噛みつくこともあります。10m以上は離れるようにしましょう。

▶︎ 追加のヘリツアーは、天候や参加人数により催行決定されますので、現地で直接お申し込みください。料金は飛行距離により、お一人様1回約799ドル(税別)です。詳細は現地でご案内いたします。

▶︎ その年の気候により流氷にヘリコプターが着氷できるか否かは、2月上旬にわかります。万が一、着陸できない状態だと判明した場合でも、ヘリツアーは催行され、上空からアザラシの群れを観察し、セントローレンス湾の素晴らしい風景を撮影していただけます。お客様の安全を最優先に考えて判断が下されますので、あらかじめご了承ください。

▶︎ 2日目の午前中に荒天でヘリツアーが催行できない場合、3日目に繰り越されるため、最短でも3泊は必要です。天候不良が続いた時のために、日程に余裕があれば4〜6泊がおすすめです。泊数が増えるごとに、ヘリツアーのチャンスと島内観光や日替わりアクティビティの数が増えます。

▶︎ 流氷の状態により、ヘリツアーでアザラシの群れ近くに着氷できないことや、天候不良が続いてご滞在中にヘリツアーが催行できないことがあります。また、荒天により島内観光や日替わりアクティビティが不催行になることもあります。いずれの場合でも返金はいたしかねますのでご了承ください。

・マドレーヌ諸島は離島のため、インターネットの接続スピードには限りがあります。メール交信やウェブサイト閲覧には問題ありませんが、ストリーミング視聴や大きな画像のアップロード、動画ファイルのダウンロードなどには向きません。荒天の際はテレビの電波も乱れますので、映画などの動画ファイルはあらかじめダウンロードしてご持参になることをおすすめします。

・ケベック州マドレーヌ諸島の正確な位置は、グーグルマップでご覧ください。島には公共交通機関がなく、タクシーまたはレンタカーが主要な移動手段になります。

・2月下旬〜3月上旬のマドレーヌ諸島の平均気温は、最高零下4℃、最低零下11℃ですが、風の強い日は体感温度 Wind Chill が零下20℃になることもあります。週間天気予報はカナダ環境省のウェブサイトでご確認いただけます。

海外旅行保険には必ずご加入ください。また、航空機の遅延など不測の事態により旅行を中止する時のために、キャンセル特約や航空機遅延費用特約などの追加もお勧めいたします。クレジットカード付帯の海外旅行傷害保険の場合は、万が一のために補償条件などを必ず事前にご確認ください。

携行品
◎ −20℃まで耐えられる防寒ジャケット
◎ スキーパンツのような防寒ズボン
◎ フリースジャケット
◎ 防寒用の下着
◎ ニット帽や耳あて
◎ タッチパネル対応の手袋と厚手のミトン
◎ 雪道で滑りにくいスノーブーツ
◎ スリッパ(室内ばき)
◎ 歯ブラシと歯磨き粉
◎ パジャマ
◎ カメラと予備電池
◎ カメラを結露から守るジプロックバッグ
◎ 紫外線対策のサングラスと日焼け止め
◎ 乾燥を防ぐ保湿クリーム
取消規定

 お申し込み時〜2023年2月7日まで:無料
2023年2月8日~マドレーヌ諸島到着日の11日前:ツアー代金の25%
マドレーヌ諸島到着日の10日前より:100%

お客様の声

お名前 津賀幸穂 様
期間 2020/2/22〜3/1

とても可愛い竪琴あざらしの赤ちゃんに会えました。計2回あざらしに会いに行くことができました。1回目は日が出て風も少ない為、あまり寒さを感じずにあざらしの写真を撮ったり、近くで一緒に寝転がる事ができました。天気が良かったので移動中のヘリコプターの中で綺麗な朝日を見ることができました。2回目は風が強く気温がとても低くなった為、携帯やカメラの充電がすぐになくなりましたが、写真が撮れなくても近くにいるだけで、癒されるので、とても幸せでした!

もちろんあざらしの赤ちゃんに会うのが1番の目的ですが、凍った氷の上を歩いたり、ヘリコプターに乗って移動する時もとても楽しかったです。操縦席との距離が近くて、パイロットのカッコいい姿も見れましたし、一緒に写真も撮って頂きました!
あざらしの赤ちゃんに2回も会うことができ本当に幸せでした。

あざらしツアーの他にも凍った海を見に行ったり、日の出や日の入を見に行ったり、島のスーパーに買い物に行ったり、チーズや魚の燻製などの工場見学に行ったり、焚き火をしながらマシュマロ食べたり、アイスフィッシングに出かけたりと島で楽しむことがたくさんある為、退屈する日がなく、自然豊かで日本とは違うカラフルな可愛い建物もあるので、写真映えもします。

私は初めての海外旅行で1人での旅だったので、不安な事や分からないことが多くその度にARAの方と連絡を取りましたが、凄く丁寧に親切に対応して頂いた為、カナダでの旅行をとてもいいものになりました。マドレーヌ諸島に着いてからは、ホテルに常駐しているスタッフがいるので、飛行機のキャンセルやホテルの手配などもすぐに対応して頂き助かりました。

現地での常駐のスタッフがいるほうがとても安心できるし、困ったことがあればすぐに対応して頂けるのが他社と比べてもとてもいいです。やり取りするのがすべてメールだけで初めは大変ですが、カナダのあざらしツアーへ行くなら是非ARAで行かれるのをオススメします。


お名前 小原伸一 様
期間 2020/2/21〜2/29

何といってもタテゴトアザラシの赤ちゃんが見られたのが良かった。運が悪ければマドレーヌ諸島に渡れない、渡れてもヘリコプターが飛べないなど気象条件に左右されるので、最終日こそヘリ欠航でしたが2回乗れて運がよかったです。

ホテルの食事はおいしいのですが量が多く、朝食のみのコースで十分でした。早朝にヘリに乗るときは戻ってから朝昼兼用で食べられますし、通常の朝食時間の場合はランチボックスが貰えるので、食べきれない朝食を入れてお昼に食べれば十分でした。夕食は近くのレストランまで20分ほど歩きます。夜は少し怖いのでホテルが無難です。

ヘリに乗らないときは近くを散策しました。私は野鳥も見ますので、ヘリポートや港でユキホオジロ、ケワタガモのメスも見られました。

将来、知床と国後が自由に往来できるようになり、クラカケアザラシやゴマフアザラシの赤ちゃんを見るヘリツアーができたらうれしいな。


お名前 Y 様
期間 2019/3/3〜3/7

マドレーヌ諸島滞在中は半日だけ吹雪でしたが、それ以外はお天気も良く、往復のフライトも予定通りで、ヘリツアーにも参加できました。到着日翌日の天気が吹雪の予報であったため、現地スタッフさんの計らいで、到着日の14時からのフライトに参加させてもらいました。ですが、他の日も天気が良かったので、結局2フライト追加し、合計3回のヘリツアーに参加でき、アザラシ・ウォッチングを満喫できました!

最初は1回でいいかなと思ってたのですが、可愛い赤ちゃんを見るとまた行きたくなって、ついついツアーを追加してしまいました。また、1回目は勝手がよくわからなくてあっという間でしたが、2回目・3回目になると余裕を持って写真を撮れたり、写真だけでなく観察して癒されたり、、、と色々楽しめました。

本当に可愛い赤ちゃんで、また氷上の大自然も壮大で、とても楽しい旅行でした。アドバイスいただいた通り4泊にして、スケジュール的にも余裕があり、ツアーの追加もできて良かったです。

日本人の方は、5〜6人いらっしゃったのですが、皆さんで夕食を食べたり、と楽しく過ごさせていただきました。

ホテルの食事については、私は食事を考えるのが面倒なので3食付きにしたのですが、夕食の量がかなり多かったので、朝食のみ付きにして、アラカルトでランチや夕食を頼んでも良かったかな、と思いました。食事はおいしかったです。朝食もメニューがたくさんあって、おいしかったです。

お部屋も広々としていて、清潔でゆっくりできました。インターネットは数時間繋がりにくい時が1度ありましたが、それ以外は特に問題なかったです。ホテルのスタッフの方も皆さん親切でした。

アザラシ以外のホテル主催のツアーは、島内半日観光に参加しました。アクティビティは日替わりで1つか2つ開催されてるので、私の滞在中はタイミング的に案内に書いていたもので興味を持ったものは開催されなかったので、ちょっと残念でした。

アザラシツアーでは、現地のスタッフさんもおっしゃっていましたが、寝転がったりして写真を撮るので、カメラを操作できる薄手の手袋が雪で途中で冷たくなってくるので、2つ持っていくのが良いかと思いました。(私はたまたま2つ持って行っていたので良かったです)

行く前に思っていた以上に本当に楽しい旅行でした! エーアールエーの皆様には、直前の問い合わせ・申込みにもかかわらず迅速・丁寧にご対応いただき本当に感謝しています。また、機会がございましたらよろしくお願いいたします。ありがとうございました。


お名前 愛知県在住 E.O. 様
期間 2019/2/23〜3/1

流氷に降りると、ミャーミャーと子猫が鳴くような声があちこちから聞こえてきました。カメラを構えて地面に寝転がっていると、お母さんと勘違いして白いフワフワの塊が黒い目をぱっちりこちらに向けて近づいてきます。ヘリコプターの運行は、天気に左右されやすいときいていたので、余裕をもって一週間滞在しました。おかげで生まれたばかりの黄色くてひ弱な子も、白くてコロコロ丸い子も見ることができました。

ホテル主催のアクティビティにも積極的に参加しました。アクティビティの予定は前日の夜に掲示され、滞在期間中は何度でも参加できます。水平線まで流氷に覆われた海岸や、果てしなく続く砂浜、カラフルな家々など、美しい景色をたくさん見ることができました。

ブリザードで外出できない日もありましたが、そんな時はホテルのレストランで日本人のお客さんとおしゃべりしたり、部屋でのんびりしたりして身体を休めました。写真集「シマエナガちゃん」で知られる小原玲さんの講演もあり、アザラシを可愛く撮る方法や流氷の30年間の変化についても教えていただきました。

マイペースで穏やかな時間が過ごせ、私にとって理想的で最高の旅でした。マドレーヌ諸島への旅は忘れることのない時間になると思います。

=== 追伸 ===

実は一番心配だったのは、ツアーに含まれていない往復の行程です。飛行機をうまく乗り継げるのか、ストップオーバーしてホテルに行けるのか不安でした。ケベックシティ空港は小規模なので、タクシー乗り場まで迷うことなく、意外と簡単にホテルに着けました。空港〜ホテル間は15.6ドルと定額なので安心です。

モントリオール空港ではホテルの無料シャトルバスがあると聞いていましたが、乗り場にたどり着いてビックリ。自分でホテルに電話しないといけないみたい。幸い近くにいた女性が、同じホテルの予約票を持って電話している様子。声をかけて助けてもらい、なんとかたどり着くことができました。国際線の到着するモントリオールやトロントから、添乗員付きのツアーがあると語学力に自信がない方でも参加しやすいと思いました。


お名前 レイナ 様
期間 2019/2/21〜29

とにもかくにも、行ってよかった!と思いました。

産まれたての黄色い赤ちゃん、毛の量が増えて白いふわふわの赤ちゃん、人間を母親だと勘違いして近づいてくる赤ちゃん、母親を探して歩きまわる赤ちゃん・・・ 私が行った時期にはたくさんの赤ちゃんが流氷の上にいました。20何年もアザラシの赤ちゃんに会いたい、触りたいと思い続けて、やっと念願が叶いました。

日本からアザラシに会えるマドレーヌ諸島まで、長時間の移動、たくさんの飛行機の乗り継ぎ・・・ 決して楽な道のりではありませんでしたが、アザラシの赤ちゃんを間近で見られた時にはそんな苦労も吹き飛んで、非常に感動しました。

また、アザラシの赤ちゃんだけではなく、のんびりした島の雰囲気や清潔な宿泊地、何より、ホテルスタッフ、旅行会社のARAさん、毎年日本から来られるアザラシ好きの方々が優しい方達ばかりで素晴らしかったです。ホテルのアクティビティや島内ツアーに参加すると、島の絶景ポイントやガイドさんのおすすめスポットに連れて行ってもらえます。

ARAさんには、日本からマドレーヌ諸島までの飛行機の手配、乗り継ぎ地の宿泊、送迎の手配もすべてお願いしました。困ったことや不安に思う事はメールや電話で相談に乗ってもらいました。特に、現地に駐在していらしたARAのまりこさんにはお世話になりました。細かい気遣いや、おもしろいお話をしてくださったり、現地の方のお話を通訳していただきました。

現地には、毎年日本から来られるアザラシ好きの方達もいらっしゃいます。どの方も優しく声をかけて下さって、アザラシツアーについていろいろレクチャーをしてくださいます。アザラシが好きな方が集まるので、様々な経歴や年齢の方達とすぐに仲良くなれるのがこのツアーならではだと思います。

★ この旅行に持っていくのにおすすめなアイテム ★

◎ スキーウェア(またはスノボウェア)
流氷に行く際は、ホテルから専用のウェアを貸してもらえますが、それ以外は自分の服で過ごします。屋外のアクティビティには、風を通さないスキーウェアを上下着ると暖かいです。バス移動だからと下を普通のズボンのみにした日がありましたが、少し外に出ただけで冷え切ってしまいました。外に出る際は少しの時間でも完全防備がおすすめです。

◎ 丈が長めの靴下と厚めの靴下
まず丈が長めの靴下を履き、その上に厚めの靴下を履くと暖かいです。ズボンと靴下の間に肌が少しだけでも出ているとそこからどんどん冷えていきますので、徹底的に肌は出さないのが良いです。

◎ パイロットキャップ
島は風が強いので、耳あてやフェイスマスク付きの防寒帽がおすすめです。胴体が冷えることも辛いですが、耳や顔も冷風に晒され続けると地味に痛く辛いです。アザラシの赤ちゃん観察を快適に楽しむなら、パイロットキャップはあって損はないと思います。ただ見栄えはあまり・・・なので、赤ちゃんと一緒に写真を撮る時だけ外します。ちなみに普通の風邪用のマスクは、吐息で濡れて冷たくなるのでおすすめしません。


お名前 T.K. 様
期間 2019/2/21〜26

バンクーバーから1人で参加しました。カナダに来た目的の一つが『カナダの大自然を体験したい!!』だったため、以前旅行本で見つけて気になっていたマドレーヌ諸島に行けるツアーを見つけたとき、ピンと来たのですぐに参加を決めました。この旅の感想を一言であらわすと、『行ってよかった!!! 今まで味わったことのない最高の体験!!!』です。

お天気にもタイミングにも恵まれていて、無事流氷の上でタテゴトアザラシの赤ちゃん、出産したばかりのお母さんアザラシに出会うことができました。私たちが参加したヘリツアーでは、産まれたばかりのイエローコートの赤ちゃんがたくさんいて、まだおへそに臍の緒がついていました。間近で観察することができ少し触れることもできました! 警戒心がないためか、お母さんと間違えて寄ってきてくれたり、可愛い鳴き声も聞くことができました。本当にとってもとっても可愛いかったです!! 写真もたくさん撮ることができました!! 一生の思い出です。

流氷の上は一面見渡す限り、氷が続いていて、今までみたことのない最高の景色でした。空がとっても広かったです!!! 地球を感じることができました。それだけでも行ってよかったなぁとほんとに思います。

また、この5日間素敵な方々との出会いもありました。動物写真家の小原玲さんをはじめ、長年通っていらっしゃる旅行者の方々、ホテルのスタッフの皆さん、旅行者の方々、またマドレーヌ諸島のピースフルな雰囲気と絶景に包まれて本当に最高の5日間を過ごすことができました! ホテルのご飯も美味しかったです!! 3食付きにして良かったなと思います。

1人参加で不安だなと少し思っていましたが、旅行前に持ち物などの説明会をしていただいたり、今回ARAの石川さんも常駐しておられたため安心して過ごすことができました。ほかの旅行者の方ともたくさんお話しできたので、全く寂しくなかったです!

この旅を企画していただいたARAの皆様、この旅でお世話になった方々に心から感謝しております。また行きたいと思ってます! 少しでも気になる方は、行ってみる価値ありです! 想像つかないくらい楽しい経験ができると思います! ぜひ!


お問い合わせ




ARA Professional Travel & Support Inc.
エーアールエー・プロフェッショナル・トラベル・アンド・サポート
 
<オフィス所在地>
Suite 728
602 West Hastings Street
Vancouver, British Columbia
V6B 1P2, Canada

ウェスト・ヘイスティングス通り
602番地 7階 728号室
 
<電話>
国番号1 (604) 558-3223
内線 302
 
<営業時間>
月〜金 10:00〜18:00
土・日・祝休業
 
ご旅行相談は予約制ですので、メールでご希望の日時をお知らせください。
 

Consumer Protection BC

 
カナダ専門旅行会社エーアールエー・プロフェッショナル・トラベル・アンド・サポートは、カナダの消費者保護団体コンシューマー・プロテクション・ブリティッシュコロンビアの加盟企業です。

  • facebook
  • twitter
Copyright © ARA Professional Travel & Support Inc. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.