カナダ生まれの息子たちが小学生になったばかりの頃、レゴで遊びながら、どこかで聞いたことのある歌を口ずさんでいました。近寄ってよーく聴いてみると、なんとカナダの国歌 オーカナダ O Canada



小さな子供が国歌を歌いながら遊んでいるなんてちょっとビックリですが、カナダの学校には校歌がなく、集会では代わりに国歌を歌います。また、アイスホッケーのようなスポーツ大会の試合前にも歌うので、カナダに住んでいれば小さな子供でもよく知っている歌なのです。



カナダの国歌は、1880年6月24日、カナダのフランス語圏ケベックの建国記念日に愛国歌として歌われ、100年後の1980年7月1日、カナダ連邦の建国記念日に正式な国歌として制定されました。



もともとフランス系カナダ人の歌だったので、英語バージョンを作る際に内容が少し変更されています。例えば、フランス語では性別に中立な歌詞だったのが、英語には True patriot love in all thy sons command「汝の息子すべての中に流れる真の愛国心」という一文が含まれ、男女平等を求めた歌詞の書き換え論が何度も巻き起こっています。

カナダの公用語は英語とフランス語なので、公的な式典では両方の歌詞を混ぜて歌ったりします。また最近では先住民族に配慮して、先住民が自治しているヌナブト準州のイヌクティトゥット語でも歌われることがあります。上の楽譜の3行目の文字がその歌詞です。

毎年7月1日の建国記念日カナダデーには各地で祝典が行われ、バンクーバーではカナダプレースやグランビルアイランドで一日中イベントがあります。紅白のお祝いカラーを身につけてオーカナダを歌いに行きましょう!


 
 

英語版 オーカナダ O Canada

 

O Canada! Our home and native land!
おお、カナダよ! われらが故郷 われらが祖国!

 

True patriot love in all thy sons command.
汝の子すべての中に流れる 真の愛国心

 

With glowing hearts we see thee rise,
輝ける心をもって 興隆する祖国を見守らん

 

The True North strong and free!
真の北国 堅固にして自由なり

 

From far and wide,
遠く広くから

 

O Canada, we stand on guard for thee.
おお、カナダよ われらは汝を守りゆく

 

God keep our land
神よ、これからも われらの大地を

 

glorious and free!
荘厳で自由に保ちたまえ!

 

O Canada, we stand on guard for thee.
おお、カナダよ われらは汝を守りゆく

 

O Canada, we stand on guard for thee.
おお、カナダよ われらは汝を守りゆく

 

(在日本カナダ大使館訳)

 
 

英語バージョン

 

フランス語バージョン